筋トレと気持ちのダイエット

筋トレと気持ちのダイエット

このサイトについて | サイトマップ

トップ >> 当サイトのダイエットについて >> 当サイトの『やせる』『やせた』の意味

当サイトの『やせる』『やせた』の意味

見た目が太っていなければ『やせている』

当サイトでは、見た目が太っていると見えなければ、『やせている』と判断します。その状態を第一に目指します。

ダイエット本や他のWEBサイトでは、徹底的に引き締めることを目標としていることがありますが、そこまでいかなくても、『やせている』と言えます。

他人が見て、太っていると感じるのは、腹が出ている、皮膚が明らかにゆるんでいるなどです。つまり、これを改善すれば、他人はあなたを見て太っているとは思いません。自分で自分の体を見た場合も同じです。

ですから、体重や体脂肪を気にしても仕方がないのです。体重や体脂肪率が標準でも、上記のようにやせて見えない人はいるのですから。

引き締まったパーフェクトボディではない

また、皮下脂肪が一切ないようなアスリート体型を『やせた』『やせている』というわけではありません。

先ほど述べた、見た目を基準にすると、ここまで求めなくても十分にやせて見えます。

ダイエットは妙に上を目指しすぎる人が多いのですが、何でも段階があります。いきなりその体にはなれません。その過程で、必ず、当サイトが言うやせている状態を通過します。

その状態が実現できて、個人により、そのまま維持するのか、もっと引き締まった体を目指すのかを選択します。そうでないと、リバウンドしやすくて、挫折しやすくなります。

体重や体脂肪率は関係ない

当サイトでは、体重や体脂肪率は、『やせる』『やせた』に関係ありません。

見た目・美容面で言えば、体重や体脂肪率が低ければ低いほど、かっこよくて、魅力的に見えるわけではありません。世間一般的に言う、ただやせているだけの体は、貧相なだけで何の魅力もありません。

健康面で言えば、体重や体脂肪率は、基準値に収まっていれば問題ありません。だいたい基準値前後であれば、それが原因で病気になりやすいことはありません。

また、いくらこのような数値が健康であっても、病気になって、太っている人より早く亡くなる人はいくらでもいます。気にしすぎても意味がありません。

標準体型+かっこいい・魅力的

つまり、目指すべき体型はあくまで標準体型です。

そして、そこに、かっこよくて魅力的に見える魅せる体を作るのが、当サイトの言う『やせた』『やせている』体なのです。

2006-08-18 | 【当サイトのダイエットについての一覧へ 】

知識・ノウハウカテゴリー

ダイエットグッズカテゴリー

健康食品・サプリメント